大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

冬暖かく夏涼しい設計

夏涼しく、冬暖かい。
高気密高断熱+パッシブの家

高性能な断熱性が生みだす快適で安全な空間

“夏涼しく冬暖かい”そんな住まいの基本は断熱と気密にあります。「断熱や気密を高める」というと、“自然”“環境”“健康”とそれらのテーマと対峙するかのように思われますが、それは大きな誤解です。自然の風や光、熱を取り込み、それらを最大限に活かすには、まずは断熱気密計画がしっかりできていることが重要であり、「断熱」と「気密」は一体です。
断熱と気密を高めることは、暖冷房による消費エネルギーの削減となり、環境にも家計にも優しくなります。

heat_shock_roujin
ヒートショック対策
急激な温度変化による身体が受ける影響のことです。入浴中の急死の理由のほとんどが「お風呂場と脱衣室」の温度差が原因とされています。建物内の温度を24時間一定に均一にしヒートショックを抑制することが健康的な生活環境として必要不可欠になっています。
mado_ketsuro
結露の防止
結露の正体は空気中の水蒸気。カビの発生やダニの生息などの温床になり、健康にも悪影響を及ぼしかねません。木は呼吸し調湿機能をもっているため、木をふんだんに使用した室内は結露が生じにくく快適な環境を保ちます。

高い断熱性は住む方の健康と、木材の乾燥保持で住宅本体の耐久性を高め、長寿命の住まいとなります。環境や健康に大いに貢献し、次世代に引き継ぐ住まいをつくることとなります。


【断熱材】
・・アクアフォーム・・(壁・天井・屋根)

ハンズ&アーキテクトの標準仕様の壁・天井・屋根の断熱材はアクアフォームです。

アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

また、アクアフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発泡させます。これによってガスが抜けて性能が下がってしまう事が無くなりました。イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用することで、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。

断熱材の性能をしっかり発揮させるには、断熱材を隙間なく施工をすることがとても重要です。
その点でもアクアフォームは”隙間なく施工することが比較的簡単”でとても優れているため、当社ではアクアフォームを標準に採用しています。

従来の断熱材の概念を超えたアクアフォームの「4つの特長」

人、環境への配慮

環境に悪影響を与えるフロンガスを使わずホルムアルデヒドも発生させない、住む人にも施工する人にも優しい断熱材です。
ラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

換気システムの効率化

効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、漏気の原因となる隙間をふせぎ、優れた空気環境を長期間に亘って維持します。

静かな住空間・吸音性能

硬質ウレタンフォームによる隙間のない施工で高い気密性を実現。細かな気泡構造は吸音性にも優れています。

長期間、安定した性能を発揮。

連続気泡構造によりガス抜けによる収縮がなく、長期間に亘って安定した性能を発揮します。

【オプション】
・・エアサイクル・・(家の外回り全体)

夏は強い日射や熱い外気を、冬は冷え込んだ外気を遮断。エアサイクルの家は「外張り断熱工法」を採用しており、四季を通じて室内の温度を一定に保ちます。
外張り断熱とは、柱や梁といった家の骨組みの外側を断熱材ですっぽりとくるみ込む工法。構造部の外側に連続して施工するため、外部の暑さ・寒さを室内に持ち込みません。その結果、高い断熱性能が得られます。

【窓の断熱・気密】

屋内と屋外の狭間にある存在の、屋根・換気・外壁・床・窓。
その中でも、圧倒的に熱損率が高いのが「窓」です。
ハンズ&アーキテクトでは、暖房熱の最大の逃げ道である「窓」から、室内の熱を逃げにくくし快適な室内環境にするためペアガラスを採用します。

Low-Eガラス・ペアガラス

Low-Eガラスの「Low-E」は、Low Emissivityのことです。「低放射」という意味で、一般的な1枚ガラスが放射率0.85程度ですが、Low-Eガラスは放射率が0.1以下になります。この放射率が低ければ低いほど赤外線を反射させ、熱を通しません。

ペアガラスとは、その名の通りガラスを二重にしたものです。
空気の熱伝導率が低いことを利用して、2枚のガラスの間に乾燥した空気を密閉し断熱性を高めたもので、結露しにくいのが特徴です。ガラスの断熱性が高ければ冷暖房の効きも良いため、省エネ効果も期待できます。

ハンズ&アーキテクトで採用しているペアガラスの空気層は、一般の建売ローコストのものよりも6mmほど広いガラスを使い、断熱性も高く、さらに効果的です。


【床、土台の断熱・気密】
・・ジュピー・・(床)

ハンズ&アーキテクトの標準仕様の床の断熱材は、ジュピーです。
工場でプレカットされたボート断熱材(ジュピー)を敷きつめ、材料のムダを省くと同時に気密性を高めています。

長期優良住宅や住宅エコポイント制度等の主な条件である省エネルギー対策等級4。
さらに、ジュピーの熱伝導率は世界最高レベルの0.020W/(m・K)で、圧倒的な断熱性能を誇ります。(熱伝導率は、数値が小さいほど断熱性能が高いことを表します)

ジュピー4つの基本性能

下地と気密工事

床の下地材のつなぎ目にはしっかりと気密シートを施して気密性を確保しています。
シートで補えない柱・土台との隙間はシーリング処理を行います。

自然エネルギーを上手に活かしたパッシブ住宅

パッシブハウスとは、ドイツ生まれの世界基準省エネ住宅の考え方です。建物の性能を上げ、太陽や風、水、地熱といった自然エネルギーを用いて室内環境を快適にする技術や仕組みを取り入れ、極力エネルギーを使わないで快適に暮らせるようにすることが目的です。冷房をアクティブに使い室内環境を向上させる事に対し、パッシブ(受身)とも名付けられています。

床も壁も天井も高断熱と高気密。魔法瓶のような家は、冬は暖気を、夏は冷気を逃しません。

【高性能な複層窓】
南向きの大きな窓は、冬は太陽熱を取り込む優秀な暖房がわり。
北側の高い窓は、夏の熱気を逃がす道。景色を良好に、家を明るく保ちます。

【計算されつくした庇(ひさし)】
夏の高い太陽は、庇で遮り、家を涼しく保ちます。
冬の低い太陽は、庇をくぐり抜けて、家を暖めます。

→燃費がいい、環境にいい、デザインもいい、長持ちする、ハイブリッドな家。

エアコン一台でも家全体が暖かい。
それがパッシブハウスです。