大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

最高の職人チームと徹底した品質管理

全てを一貫して同じ一級建築士とスタッフが担当

ハンズ&アーキテクトでは、お客様との打ち合わせから現場管理までを一貫して同じ人間が担当いたします。
実はこのことは、確実に高性能・高品質の家を造るために非常に大切な要素です。さらに、お客様の想いや願いをしっかり家に反映していくこと、住宅のお金のことに大きく関わってきます。
どういうことなのか、順番に説明していきます。


本当に高品質・高性能な家を建てるには、何が必要なの?

→50年後も丈夫で安心、高品質・高性能な家を造るには、言うまでもなく、自分の家を造ってくれる職人さんの腕にかかっています!

丁寧な施工が前提になければ、高性能・高品質な家が成り立ちません。また、いくらグレードの高い仕様や設備にしても、丁寧な施工をしなければその効果を最大限に発揮できず、正に”宝の持ち腐れ”となってしまいます。
「営業担当者がいい人だから」「名が売れている会社だから」といった理由だけで大切なマイホームを建てる会社を決めるのは、ちょっと待ってください。
住宅会社と職人さんとの関わり方、どのような職人さんたちが自分たちの家を造ってくれるのか、まずはよく確認することをおススメ致します。
職人

→ハンズ&アーキテクトでは、確実に丁寧な仕事をしてくれる、凄腕の職人さんにしか仕事を任せません!


他社とハンズ&アーキテクトの「職人さんとの関わり方の違い」

2
◆営業担当者
お客様と契約をするまでが仕事。職人さんと直接話すことはほぼない。
◆現場管理者
1人で10現場以上など多数の現場管理、お客様との打ち合わせ等、多数の仕事を受け持っている。多忙なことが多く、一つ一つの現場に目が届きにくい。
◆下請け施工店
予めハウスメーカーが決めた低い単価で工事を請け負う。それに合わせて職人を手配。
◆職人
単価が低い、工期が短いなどの理由から、良い仕事をするのが難しい。腕の良い職人さんが少ない。

【お客様と職人さんとの間で多数の人間が動くことで・・】
●お客様の声が職人まで届きにくい
●中間マージンが発生し余分な経費が掛かる
●どのような職人がくるのかわからないため、施工レベルにムラがある


1

◆当社の一級建築士・スタッフ
お客様との打ち合わせ、プラン作成、職人手配、職人との打ち合わせ、現場管理などのすべての業務を一貫して行う。
◆職人
職人の技術レベルに合わせて安定した報酬を支払い、ゆとりをもった工期を設定するので、丁寧な仕事をしてもらえる環境が整っている。

【お客様と職人さんとの間に人や業者を極力挟まないことで・・】
お客様の声が職人まで確実に届く
●余分な経費がかからない=その分安く建てられる
確実に腕の良い職人が工事を担当してくれる

確かな腕の熟練職人チーム

エアサイクル工法
前身の大得工務店から合わせ、創業47年。大得工務店の時から住み込みで修業を積んだ大工さん、何十年もお付き合いのある信頼のある職人さんなど、確実に腕の良い職人さんだけに工事をお願いしています。

第三者による検査

M-(11)
平成21年10月1日から新築住宅の引き渡しに、資力確保措置(保険の加入または保証金の供託)と、それに伴う第三者機関による検査が事業者に義務付けられました。万が一建物に重大な欠陥が見つかってしまって補修や建て替えが必要になった場合に、販売した事業者が建て替え不可能だった場合や倒産して事業者が不在の場合でも、必要な費用を購入者が負担するような事態にはなりません。
ハンズ&アーキテクトでは義務付けされる以前から、検査機関による適性検査(基礎配筋検査・構造検査)を行っています。お客様がより安心して住宅を取得できる万全の環境を常に整えておりますのでご安心ください。