大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

マイホーム購入と生涯賃貸住宅のメリットとデメリット

生活をしていくためには住居というのは最低限に必要なものです。
この先どのような家に住んでいくのかということは大きなテーマです。よく賃貸か購入かどちらが得なのかという記事を目にしますが当社では賃貸と購入のメリット、デメリットをそれぞれまとめました。

賃貸住宅のメリット

  1. 賃貸住宅は毎月の賃料を支払っていれば住み続ける事ができる。
  2. 収入面で住宅ローンが組めない人も安心して住むことができる。
  3. 結婚、子育てなど家族構成に合わせた広さの間取りに住みかえる事ができる。
  4. 転勤などでの生活地域が変わる際に住み替えが手軽にできる。
  5. 居住スペースのメンテナンスも基本的には貸主が行う。

デメリット

  1. 家賃を払い続けても、自己所有物にならない。
  2. 家賃を払い終えるという最終地点はない。
  3. 室内の改装、リフォームを独断で行う事ができない。
  4. 家主の都合などで家賃が値上がりする可能性がある。
  5. 集合住宅なので隣人など他の住人から、迷惑を受ける可能性がある。
  6. 高齢になった時に転居が困難な場合がある。
    賃貸か購入かを考えたときに誰もが1番大きく感じるデメリットが
    「自己所有物にならない」という点です。

building_apart

住宅購入のメリット

  1. 住宅ローンを完済後には固定資産税などを支払うだけで住むことができるので老後に経済的な負担が少ない。
  2. 戸建、マンションともに間取りなどを自由にリフォームする事ができる。
  3. 「自己所有物」なので不動産としての資産価値を得る事ができる。
  4. 持家という安心感と、社会的な信用を得る事ができる。
    定年後に年金収入のみとなった時、毎月定額の家賃を支払う賃貸と比べて経済的な負担が少なくなります。
    不動産資産となりますので、将来的にその資産を子供さん譲り渡す事もできます。不動産資産を得るという事が、住宅を購入する大きなメリットです

デメリット

  1. 住宅ローンを長期間返済していく事になるので、完済時のトータル額は利子もつくため借入金を大きく上回る。
  2. 住宅を維持して行くためには定期的なメンテナンスが必要。
  3. 建物の資産価値は年々低下する。
  4. 住環境に問題があっても気軽に転居をすることができない。
  5. 転勤となった時に単身赴任をして2重生活となると経済的な負担が大きい。
  6. 子供たちが巣立った後、利用しない部屋が残る。
    住宅ローンを支払っている間にも住宅を維持する為にはメンテナンスが必要です。こうした思わぬ金銭的な負担というのが、住宅を購入する事の一番のデメリットです。

house_2f

賃貸か購入かどちらが得?

生涯かかる費用は、購入も賃貸も大きくは変わりません。それぞれ比較したときに見落としがちなのが老後の生活についてです。老後までに住宅ローンを完済しておけば固定資産税以外の費用は生活費だけです。しかし、賃貸だと、老後の収入から家賃を支払うことが苦しい可能性もあります。賃貸を続けていくのなら、老後に備えての貯蓄が大切になります。

なので、安易な判断で賃貸を続けることはおすすめできません。しかし、転勤などが多い場合は賃貸の方が気軽に引っ越しができるというメリットがあります。日本人はいつかはマイホームと多くの方が考えていますがそれぞれのライフスタイルに合せてどのような家に住んでいくのか決めていくことが大切です。

 

質問や気になることがありましたら、お気軽にコメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)