大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

マイホームを購入するときに頭金は必要? 基礎知識や相場について

マイホームを購入するときに頭金は必要? 基礎知識や相場について

 

マイホーム購入を考えた時、真っ先に頭をよぎるのは、お金のことではないでしょうか?「マイホーム購入は自己資金を貯めてから、、」という方も多いと思います。そうやって貯めた自己資金は「頭金」として使われることが多いと思うのですが、、
そもそも「頭金」は必ず必要なのか?「頭金」の相場は?必要性は?案外わからないことが多いですよね。そこで今回は、「頭金」についてお伝えします。

そもそも「頭金」って?

頭金とは、マイホームを購入する際に支払う現金のことです。貯金がいくらあるのか、ということでなく、貯金の中からどのくらいを現金として支払うことができるのか、が重要です。例えば自己資金として貯めた500万円があったとして、その中の300万円をマイホーム購入時に現金で支払う場合には、頭金300万円となります。

しかし、この頭金。実は、なくても(0円)でもいいのです。とは言っても、もちろんないよりあったほうがいいことは安易に予想が付くと思います。その具体的な理由としては、、

その1 月々に返済する住宅ローン額を少なくできる。

例えば、3,400万円のマイホームを金利1.5%の25年払いで購入したとします。

頭金一切ナシの場合の月々の返済額・・135,978円
頭金1,000万円の場合の月々の返済額・・95,984円
差額はなんと、毎月39,994円です。

その2 住宅ローンの利息を少なくできる

組んだ住宅ローンの額が高ければ高いほど、利息が大きくなります。利息は全て銀行の儲けですから、こちらからするとムダに支払うお金が増えてしまいます。

その3 返済期間を短くできる

先程と同じ例で、3,400万円のマイホームを25年払いで購入したとします。頭金一切ナシの場合の月々の返済額が135,978円でしたが、頭金1,000万円を支払った上で月々11万円ずつ返済していくとすると、頭金一切ナシの場合に比べて9年近くも早くローンを完済することができます。

それでは、頭金なしのリスクはというと、、

その1 ローン額が多くなるため、審査に通りにくくなる

その2 手数料や保証料が高くなる

やはり、できるだけ頭金を用意することがオススメとなります。しかし、“頭金を用意するため“という理由だけで、家を建てるのを何年も先に伸ばす・・というのは賢い判断とは言えません。それは、また次回にじっくりお伝えしますね。

最後に頭金の相場ですが、マイホーム購入金額の約2割が相場になっています。もし可能であれば3割程度用意しておくと、よりラクに購入可能です。知識を身に付けていただいて資金計画をしっかりしていただければ、家を建てた後に住宅ローンの返済に苦しむことがなくなります。

家づくりを楽しんでいただいて、家を建てた後も家族がずっと笑顔で過ごせるように、しっかりと「お金のこと」について考えていってください。

質問や気になることがありましたら、お気軽にコメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)