大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

地盤改良工法:HySPEED工法

HySPEED工法とは?

既存の地盤改良工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、 砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める地盤改良工法です。


HySPEED工法
砕石

 

【HySPEED工法の9つのポイント】

1.地震時の衝撃に強い
砕石パイルと原地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがあります。
2.環境貢献工法
天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。
3.産廃費用が発生しない
産業廃棄物(コンクリート・鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。
4.リユースで地球に貢献
将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば、繰り返し使えます。
5.液状化対策工法
地震時の液状化を「ドレーン効果(排水効果)」により抑制します。
6.パーフェクトな工事保証
日本大手保証会社の認定工法です。
7.CO2を5,000kg削減
砕石しか使わないことにより他の工法に比べCO2の排出を少なくします。
8.無公害工法
今まで施工ができなかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも、問題なく施工ができます。
9.遺跡になる工法
セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。

 


セメントを使った地盤改良の環境汚染問題

セメントを使った地盤改良だと、人の健康や自然環境に悪影響を及ぼす非常に危険な発ガン性物質「六価クロム」が発生する可能性があります。2003年2月15日に土壌汚染対策法が施行されました。この法律によると、もし汚染物質「六価クロム」が発生してしまったら、土地の所有者である皆様は、その汚染物質の浄化義務を負うことになります。

六価クロムの危険性
セメントを土と混ぜると、化学反応をおこし「六価クロム」という有害物質が発生するキケンがあります。「六価クロム」とは、昨今、世間を大きく騒がせた「アスベスト」と並ぶ、二大発ガン物質の1つで、LARC(国際がん研究機関)からもリストアップされています。
六価クロム
恐怖!自宅で六価クロムが発生する可能性が
マイホームでは、庭で子供が遊んだり、家庭菜園を行ったりと様々な生活がありますが、セメント系の地盤改良を行った場合、この六価クロムが発生するリスクがあります。 夢のマイホームで健康を害する可能性が少しでもあるのは嫌なものです。セメント系の地盤改良工事を行う場合は、ご担当の住宅会社の方に十分にご相談のうえ、ご検討されることをお薦めします。
(※セメント系の地盤改良を行った場合、必ず六価クロムが発生するということではありません。六価クロムの発生メカニズムは完全には解明されていないことが問題となっています。)
家庭菜園お家の庭では安心して土いじりしたいですよね?
映画にもなった『六価クロム問題』
「エリン・ブロコビッチ」という映画をご覧になったことはありますでしょうか?2000年にジュリア・ロバーツの主演で公開された映画です。
これは実際にあった事件をもとに映画化されたのですが、六価クロムがテーマとなっています。「六価クロム」による水質汚染の事実を隠蔽しようとしている企みに挑み、全米史上最高額の和解金3億3千3百万ドルを勝ち取った女性をモデルにした有名な映画です。 映画の中で、汚染水をはったプールで子供を遊ばせていた母親が真実を知り、血相をかえて子供を引き上げたワンシーンは衝撃的でした。
エリン・ブロコビッチ

資産価値を下げるキケン

地盤改良で土地の価値が勝手に下落!?
2003年に明文化された土地評価に関する方針があります。
土地の鑑定時に「土壌汚染」や「埋設物」の有無をチェックし、もし発見された場合、その土壌汚染の浄化費用や埋設物の撤去費用を差し引いて不動産の価値が算定されるというものです。
セメントの塊や鋼管は産業廃棄物とみなされてしまうので、セメント系や鋼管で地盤改良を行った場合は、その不動産価値を下げてしまっていることになります。

「これからマイホームを建てよう!」と検討しているときに、将来、不動産を売るときのことを考えるのは水を差すような話ではありますが、マイホームを建てる土地は大切な財産です。価値を下げずに済むのであれば、その方法は十分に考えたいものです。

img2-02建物だけでなく
土地の評価額も大切

廃業したガソリンスタンドが放置される理由は、、
廃業したまま放置されたガソリンスタンド。そんな風景を地方のロードサイドで目にすることはありませんか?
ガソリンスタンドの跡地というのは、地下タンクによる土壌汚染があることが多く、その汚染除去の費用が高額になるため、土地を買ってもなかなか割に合わないことが多いからなのです。
img2-01

 


より詳しくご覧になりたい方は、
HySPEED工法ホームページをご覧ください▼site_logo_2

質問や気になることがありましたら、お気軽にコメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)