大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

大得工務店が取り組むZEH住宅について

省エネルギーとエネルギー創造を組み合わせて、エネルギー消費を実質ゼロにする「ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」。当社はZEH認定の取得が可能な「ZEH認定ビルダー」です。

エネルギーの自給自足を目指す家づくり

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げることに加え、太陽光発電などでエネルギーを創出することで、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅のことで、一般には「ゼッチ」と呼ばれています。言葉は少し難しく感じるかもしれませんが、簡単に言うと使う以上に創り出すエネルギーが上回る家のこと。

大得工務店のZEHは、住まいの高断熱化、HEMS「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム):家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム」やエコキュートの導入などで冷暖房や照明、給湯などの一次エネルギー消費を最小限に抑えながら、太陽光発電で創エネを行うことで「消費エネルギー<創出エネルギー」を実現しています。

人間が生活する以上、エネルギー消費をゼロにすることはできませんが、エネルギーを創り出して消費分を相殺できれば“正味=ネット”でゼロにすることが可能というわけです。

ZEHを目指す理由とは?

理由は簡単。地球温暖化対策の一環として国がエネルギー政策に力を入れているからです。その証拠に、政府は2020年、東京オリンピックが開催される年までに、「標準的な新築住宅でZEHの実現を目指す」という数値目標を掲げています。そこまで環境問題が深刻化しているということもありますが、地球温暖化防止京都会議の議長国だった日本のプライドをかけた政策とも言えるでしょう。

いずれにせよ、2020年後以降すべての新築住宅は消費エネルギーを正味ゼロにしなければならないというのですから、国はもちろん、業界を挙げての大プロジェクトとなりそうです。
しかし、そうは言っても、家の構造や性能を見直して大幅な改善を図るのは並大抵の努力ではできません。ハウスメーカー、工務店にとっても技術力が大きく問われるところですが、大得工務店はすでに2020年ではなく、2030年基準を想定した家づくりをすでに実践しています。

家をZEHにするかどうか? そのメリット・デメリットは?

家庭のエネルギー消費を実質ゼロにするZEHだけに、家計へのメリットはもちろん計りしれません。夏冬の冷暖房コストはとても大きいのでそこをカットできるだけでも大きいと言えますが、年間を通じてプラスマイナスゼロ、あるいはプラスにできるとあればなおさらです。しかも、エネルギーを自給自足できるようになれば、何か大災害などがあってライフラインが絶たれるような深刻な事態でもZEH仕様の家なら復旧までの間、日常とさほど変わらない生活を送ることもできます。

ただし、問題はコスト。通常の住宅と比べ、どの程度割高になるのか気になるところです。ただ、大得工務店の家に関して言えば、省エネ性能自体は現状でも2020年基準をクリアしているのでコスト高にはなりません。あとは太陽光発電システムの導入費用ですが、ゼロエネルギー住宅として国に認められれば補助金の支給もあるので、コストの上乗せはそれほど大きくないでしょう。

ZEHゼッチの家を建てるには?

すべての新築住宅にZEHが義務付けられるのは2020年以降ですが、現在でもZEH仕様を導入した家づくりに対しては国から補助金が支給されており、普及もだいぶ進んできました。この制度自体がスタートしたのは2012年ですが、すでに約9,000件近いケースで補助金が交付されています。下記の条件をクリアすることでZEHの補助金を受けることが出来ます。

ZEH導入に伴う補助金交付の条件
1. 申請者自身がその家に常時居住していること
2. 専用住宅であり、店舗などの非住宅部分を含まないこと
3. 既築住宅の場合は申請者自身の所有であること
4. 賃貸住宅や集合住宅ではないこと

大得工務店は「ZEH認定ビルダー」です

大得工務店は、ZEH住宅プロジェクトを主導する経済産業省の外郭団体「一般社団法人 環境共創イニシアチブ」(略称:SII)が定める「ZEH認定ビルダー」。新築・リフォームに対するZEH住宅の割合目標を下記のように公表しています。

質問や気になることがありましたら、お気軽にコメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)