大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

機能性と使いやすさを重視した子育て世代のお住まい【完成の様子】

機能性と使いやすさを重視した子育て世代のお住まい物件データ
構造・・・木造軸組工法、外張り断熱エアサイクル工法
間取り・・・4LDK+小屋裏収納
地域・・・静岡県浜松市東区

設計・外観
外観は落ち着いた色実を中心に組み合わせたシンプルな切妻形状とし、ベーシックなスタイルを基本に設計しました。
流行・モダンにしすぎた外観形状を採用することは、10年・20年と経過したときに築年数以上に古臭く感じられてしまいます。

最低50年以上の耐久性を持つ住まいですから、築年数が経過しても古臭さを感じさせないシンプルな切妻屋根としています。
ハンズ&アーキテクトでは切妻の屋根を基本とした設計をしていますが、これは屋根裏に熱を溜めない、雨漏りのリスクを抑える、余分なコストが掛からないといった理由があります。

性能
家の耐久性を考えた時に一番大切となるのが湿気対策です。壁の中など見えない部分に湿気がたまってしまうとカビが生えたりして健康を損なってしまうばかりか、木の強度も低くなって性能も低下してしまい耐震性も落ちてしまうからです。

そこで、断熱材の外と中に空気を通して湿気を溜め込まない「エアサイクル工法」を採用しました。構造体が常に新鮮な空気に触れているので耐震性が長年安定して保たれるのはもちろん、断熱性も高いので冬でも暖かいのが特徴です。

設計の基本
今回のお住まいは、ご夫婦とお子様2人の4人家族です。部屋の広さはそれほど大きくなくても大丈夫なものの、収納は隠す収納にしてたっぷりと取られたいと言うご希望から家中にたっぷりと収納を計画しました。基本的には単世帯用に間取りを計画していますが、将来お仏壇などの管理をする必要が出たときのために仏間としても使えるスペースを計画しています。

家族の共用空間である廊下にクローゼットや本棚などをたくさん設置していますが、家の中の一番大きな収納として小屋裏収納を計画しました。屋根で断熱するエアサイクル工法の特徴を最大限に生かした収納空間です。

また、水周りは極力まとめて家事が楽になるように配置しました。食事の支度、洗濯、アイロンがけなどがそれぞれ6歩以内の中にすべてまとまっているので忙しい奥様の時間を節約できます。


お客様からのインタビュー

家を建てることになったきっかけ

「子供が男の子2人で元気が良すぎるため、住んでいたアパートでは狭かったことや、隣近所への騒ぎ声などが気になっていたこともあり、子供が小学校に入るまでに建てたいと思っていました。そこで本などを見たりして少しづつ家の事を考えていた所、ハンズ&アーキテクトさんから年まわりが良いことを教えて頂いたため、本来よりも1年前倒しで計画することにしました。」

ハンズ&アーキテクトを選んだ理由

「具体的に家を検討する段階では、他社とも比較して真剣に考えました。大得工務店さん(ハンズ&アーキテクトの前身)の家づくりを元々知っていた事がきっかけの1つですが、最終的には、大得さんの家づくりは長持ちするように丁寧に造られていると感じたこと、壁の通気を考えた「エアサイクル」を提案していただいたことが決め手となりました。」


移動と収納を効率的に計画した玄関ホールimage0010-001玄関ホールの横にトイレがあります。
この位置のトイレは来客時には見えやすい位置となってしまうため、あまりよい場所ではありませんが、実生活での来客の割合や家相などを考慮してこの位置に計画しました。その代わりアクセントとなる格子を取り付けて、視線がトイレの方向に行きにくいように配慮しています。

メリットたくさんのシューズクローク

靴だな

玄関横に計画したシューズクロークです。1cm単位で棚の高さを調整できるので靴を細かく仕分けるのに便利で、棚の追加も簡単にできます。
靴箱とくらべると場所は取りますが、違い中身を見渡しやすいことと、湿気などがこもりにくいことで靴のメンテナンスもしやすいというメリットがあります。

また、靴以外の荷物も収納しやすいので後々外に物置を設置して置いておくようなアウトドア用品やスポーツ用品の収納にも便利です。

服を前向きに収納できる、玄関近くのクローゼット
完成写真-(20)

1階廊下のクローゼットには上着を前向きの状態で収納できるように計画しました。服が取り出しやすいことと収納してある服が見渡しやすいいので便利です。


限られたスペースを有効利用するトイレ
image0017-001 1階のトイレは省スペースなタンクレス式を採用しました。手洗いにも省スペースなタイプを選択し、排水管が すっきりとした「ボトルトラップ」を選択しました。床から排水管が出ていないので見た目がすっきりするだけでなくお掃除もラクです。


たっぷりの日差しで明るく、家族の会話がしやすいリビングダイニングimage0007-001
リビングは適度に壁を設けてテレビやソファーなど家具を置く場所を計画しました。家具を置いたときにどのように家族の顔が見えるか、どのような生活ができるかをイメージながら設計させていただいています。
image0002-001床は無垢のバーチといって、日本ではカバザクラとも呼ばれる木材を使用しました。サクラと名前が付いていてサクラと木目も似ているのですが、実際には桜ではない樹種になります。また、積層材と言って細かく割った木材を張り合わせた積層材というフロアになっており、積層でない床材と比べて木目が細かくなることとフロアの狂いが少ないことが特長です。


家族の様子を見渡せるキッチンimage0005-001キッチンは吊り戸棚がなく圧迫感の無いオープンなタイプを採用していただき、LDKとのつながり感が出るようにしました。キッチンカウンターの奥行きも広めになっているので、食事の配膳もしやすくなっています。image0003-001キッチンの向かいに設置したイスは、朝食を直接採ることができる高さのものを選んで頂きました。キッチンの高さは85cm、一般的なダイニングテーブルの高さは70cm程度と、キッチンの方が15cm程度高いためイスも高さのあるものを選んでいただいています。image0004-001キッチンからはリビングを含めて家族の様子がよくわかるようになっており、小さなお子様がいても安心です。対面キッチンを選ばれるお客様は、家族の様子がよく見えるからという理由が多いのも納得です。


リビングと一体化した畳コーナーimage0006-001畳コーナーは、リビングとつなげて続きで使える空間としました。カーテンやクローゼットなど洋室の造作材を使用することで、リビングなどともインテリアが馴染みやすくなります。

クローゼットは将来仏間に変更することもできるように、家相的に問題がない場所へ計画しています。また、リビングとの間仕切りの建具は当面使うこともないので設置していませんが、いつでも設置できるように敷居と鴨居に建具用の溝加工をして施工させていただきました。image0001-001日当たりの良い敷地形状を目一杯活用した、南面からの日当たりは室内を明るく暖かくしてくれます。おかげで日中は暖房が不要です。


家事がはかどる奥様のための空間image0008-001こちらは家事などをしていただくためのスペースです。

洗面化粧台と隣り合った奥のカウンターテーブルでは、アイロンがけや縫い物などの作業をしていただくことができます。裁縫や書き物などの作業は小さなお子さんに邪魔されたくない上に、結構時間がかかってしまいがちです。夜お子さんを寝かした後にリビングで広げて作業したとしても、終わらないと作業中でも一度片付けてまた広げないといけません。そういった場合に専用のスペースがあると便利です。


シックな色合いのお風呂image0018奥様のお好きなモノトーンでまとまったお風呂です。浴槽は白を選ばれる方が全体の7割くらいと一番多いですが、黒などの濃い色も落ち着いた感じで素敵です。ただ、色が濃いと入浴剤の色が分かりにくいので入浴剤をよく使用する方は浴槽の色は白が無難です。


男の子2人がゆったりと使う子供部屋

image0014-001床はケヤキの積層材のフロアで施工しました。壁や天井がシンプルでも、床にアクセントを持ってくると部屋の雰囲気が大きく変わりますから面白いですね。

こちらの子供部屋は、将来個室が必要になった場合に2部屋に分ける予定です。子供部屋はプランニングの時につなげて一部屋にしておくか、2部屋とか3部屋に分けるかを悩まれる方が多いのですが、もし悩まれた場合は2部屋にしておくほうが無難です。なぜなら、新築時に2部屋に分けておくことよりも後から2部屋に分けるほうがずっと費用がかかるからです。

それに使用する壁紙や見切り材なども新築時と同じものが残っていない可能性も十分ありえます。お金が貯まったらとやるという考えもありますが、子供が大きくなればお金はドンドンかかるようになりますのであまり現実的ではありません。

今回ご紹介した間仕切り工事以外にも、家は外装の塗装などアパートなどの賃貸住宅に比べると維持管理にもお金がかかります。ですから、住んだ後どういった費用がかかるかをしっかりと計画してから家づくりをすると建てた後も安心できます。なお、外国では子供部屋は一人一部屋ずつと言うのが一般的で、広い部屋を2人とか3人で使う発想はあまり無いようです。


落ち着いた雰囲気の寝室image0015-001寝室は明るく感じられるようにゴムの無垢積層材のフロアーを採用しました。窓枠なども合わせた色味にして色味のバランスを取っています。

左面はアクセントとして壁の色を変えています。また、ベットの高さを考えて邪魔にならないように窓を高くしました。これは夏場の午前中に室内が暑くなりすぎないようにする対策にも なります。

ウォークインクローゼット寝室から使うウォークインクローゼットです。

ウォークインクローゼットは収納の中に入って使用するクローゼットですが、中身が見渡しやすいのでどこに何を入れているのかがわかりやすいことと、建築工事による造作棚を利用していくと高さ方向の利用がしやすいというメリットがあります。

収納計画は快適な生活をする上で非常に大切な部分で、適切な収納量を確保しないとせっかくのマイホームが非常に使いにくいものとなってしまいます。例えば洋服一つとってもハンガーにかける洋服と引き出しにしまう下着類、バッグの量などが人によって全く違います。ですから、取り出しやすい高さ、収納の幅などそれぞれの収納スペースの配分を考えた上で計画していかないと無駄なスペースを作ってしまいます。

既製品の棚などで細かく仕分ける方法もありますが、ほとんどの既製品の棚は高さや幅などが一定の規格に従って製作されています。なぜなら、そうしないと商品の種類が増えすぎてしまって管理できなくなる上に売れなくなってしまうからです。

でも、規格で作られた既製品の棚を家の中にぴったりと配置しようと思っても、幅と高さが思い通りのものが見つかることはまずありません。そこで、高さ方向を含めた空間を最大限利用する収納では作り付けの棚が便利です。何を入れるか計画してキッチリと寸法を決める必要がありますが、デッドスペースが無い上にピッタリと物が収まります。


合理的な収納を計画した2階階段ホール

image0013-0011階から2階に上がる階段の上に2階から小屋裏へと上がる階段を計画しました。場所を取る階段も、1階から2階のものと2階から小屋裏へ上がるものの位置を合わせれば無駄なスペース無しで計画が可能です。格子タイプの手すりを製作して、暗くなりがちな空間が明るくなるようにしています。
image0012-001この空間は家族みんなの共用空間ですので、家族が使えるようにとたっぷりの量の本棚をホール内に計画しました。高い位置からの明かり採りを確保しつつ、1階の屋根があって窓を取れないために壁になっている部分が本棚スペースになっています。

本棚はホームセンターの既製品ですが、壁に埋め込んで隙間をなくし、壁に固定したので倒れてくる心配もありません。既製品を使える場所はうまく利用するとコストダウンにもつながります。


デッドスペースを利用する小屋裏収納image0016 2階の階段ホールから階段で上った位置にある小屋裏収納です。屋根が斜めの部分に見えるのはエアサイクルの断熱材で、屋根面で高性能な断熱材が入っていることによって夏場でもそれほど温度が上がりません。実用的を重視した収納空間となっています。

小屋裏収納は天井高さを1m40cm以下に抑えています。そうすると2階建ての建物として申請ができる上、小屋裏空間は床面積にも加算されないので税金面でのプラスがありません。外断熱のエアサイクル工法ではとても相性がいい空間で、ハンズ&アーキテクトでは小屋裏収納をよくご提案しています。


日差しを効率的にカットする、合理的でシンプルな外観

image0019-001夏場の暑さの原因となる赤外線は東面と西面から入ってくる割合が非常に多く、昔から日本の家づくりでは西日を特に嫌いました。東と西の日射が入りにくいように工夫することで赤外線の進入を効率的に減らすことができるので夏場の暑さを抑えられます。

窓をなるべく小さくするなどの建築的な工夫ももちろん大切ですが、プラスして赤外線を遮断するLOW-E(ロウイー)ガラスを採用して夏場の暑さ対策をしています。LOW-Eガラスは赤外線以外にも日焼けの原因となる紫外線もカットします。そのため、西面に計画した収納の中のものも傷みにくくなっています。
image0020-001
外観は日当たりのよさを最大限活かすように南面に大きく窓を設けました。南面の窓の上には夏場の日差しをカットしやすいように屋根庇(ひさし)やバルコニーの出がかかるようにしました。デザインを重視するあまり日除けのない住宅もありますが、どんなに家の性能や窓の性能が高くても夏場の膨大な自然エネルギーとうまく付き合うためには、日除けなど見た目以外のポイントも考慮しておくべきです。

屋根は耐久性の高い平板瓦を使用し、外装は落ち着いた色味で張り分けて飽きが来にくいオーソドックスな外観に仕上げました。

質問や気になることがありましたら、お気軽にコメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)