大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

【住宅ローン減税&すまい給付金】対象期間が1年半延長!

住宅ローン減税

住宅ローン減税2居住年表

 

住宅ローン減税の利用でどれくらい費用が軽減されるのか、チェックしてみましょう。

【鈴木太郎さん一家の場合】

  • 年収500万円
  • 妻(主婦)、子供2人の4人家族
  • 基礎控除38万円
  • 配偶者控除38万円
  • 生命保険料控除5万円
  • 社会保険料控除給与収入10%

( 前提条件 >>>建物:長期優良住宅 )
建物請負 2,300万円 + 土地価格 2,000万円 = 合計金額 4,300万円

  • 融資額:3,000万円(フラット35S)
  • 金利:0.77% (当初10年間)
  • 返済期間:35年 (元利均等)

金利は平成27年2月1日現在。融資率9割以下の場合。金利は取扱金融機関により異なります。

ケーススタディ

【解説】

  • 全期間、控除限度額が所得税額を上回るため、所得税額(117,500円)全額が還付されます。
  • さらに、控除しきれない残高については、翌年、住民税から控除(上限136,500円)されます。
  • 減税額の合計は(所得税還付額×10年間)+(住民税還付額×10年間)で、約246万円となります。

すまい給付金

すまい給付金とは?
消費税率引き上げによる負担の軽減をはかるため現金を給付する新制度です。
住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対しての負担軽減を目的としているため、住宅取得時の消費税率だけでなく、収入額によって給付金が変わる仕組みとなっています。

給付金額は最大30万円までです!実施期間

消費税8%時※「収入額の目安」は夫婦(妻は収入なし)及び中学生以下の子どもが2人のモデルにおいて、夫が住宅を取得する場合の夫の収入額の目安。収入は都道府県民税の所得割額で確認します。

 

 

 

 

質問や気になることがありましたら、お気軽にコメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)