大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

相続税対策として二世帯住宅が注目されています。

相続税の非課税枠が縮小

平成27年1月以降より、相続税の非課税枠が60%まで縮小されました。
地価の高いエリアでは、ご両親の家を相続すると相続税の対象になりやすくなりました。

基礎控除

では、非課税枠が60%縮小されるとどうなるのでしょう?

【 例)相続人が妻と子2人の場合 】
8,000万円(基礎控除5,000万円+法定相続人比例控除1,000万円×3人)まで非課税だったのに
4,300万円(基礎控除3,000万円+法定相続人比例控除1,000万円×3人)以上で相続税がかかってしまいます。

 


 

そこで、
二世帯住宅への建て替えで、小規模宅地の特例の対象になります!

二世帯住宅にすると土地の評価額が80%減

相続人が亡くなった方と同居をしていた場合に、その相続する土地に対して適用されます。

土地の評価額が・・ 通常は100%評価ですが、二世帯住宅で80%減に!

さらに条件の緩和があり、土地面積の上限が 240㎡ から 330㎡ へ拡大されます。

 

完全分離型の二世帯住宅も対象となりました!

同居はちょっと・・・とためらう方も、完全分離型の特例適用で、プライバシー重視の暮らしを実現できます。
完全分離型も・・


完全分離型とは?
ひとつの家で二世帯が玄関やリビング、キッチンなど一戸建ての機能を独立して持つスタイルです。
両世帯が気兼ねなく暮らせる距離感を保てます。

玄関を別々にすることで、将来賃貸併用住宅への変更も検討できます。

 

 


 

 

いかがでしたしょうか。
こういった税金のことはわかりにくい上にどんどん変化していくので、自分だけで把握するのはなかなか難しいですよね。
しかし、家づくりをする上でこういった知識があるとのとないのでは、とても大きい差ではないでしょうか。

ハンズ&アーキテクトでは家づくりだけではなく、資金計画や税金のこと等、家づくりに関わる全てのことをお客様と共に考えていきます。
ご相談はいつでも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

各種セミナーも行っておりますので、ぜひご参加くださいね。

質問や気になることがありましたら、お気軽にコメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)