大得工務店

パッシブデザインで理想の住まいを実現

中古住宅と新築住宅のメリット・デメリットを徹底比較!

大写真

住宅購入を考えている方の中には、新築住宅か、中古住宅を買ってリフォームをするか、、、
迷っている方もいるのではないでしょうか?

新築住宅にも中古住宅にもそれぞれメリットやデメリットがありますので、
それらをよく検討したうえで、自分や家族に合った家づくりをしてほしいと思います。

ということで、
今回は中古住宅と新築住宅のメリット・デメリットについて比較しながらご紹介いたします。


【新築住宅のメリット】

1.好み通りの間取りや外観の家を作ることができる

注文住宅に限りますが、お好きな間取りや外観の家を作ることが可能です。

中古住宅では、リフォームをしたとしても、完全に思い通りにすることはできません。

2.分譲住宅なら中古住宅に匹敵するほど安いことも・・

分譲住宅はデザインが同じで個性がありませんが、
その代わり大量生産によるコストダウンが可能です。

一般的な注文住宅に比べると大幅に安く、
場合によっては新築ながら中古住宅並の値段の家もあります。

また、分譲住宅では、近くにスーパーや病院、保育所、公園などの便利な設備が同時に建設されることがあります。
分譲住宅ならではのメリットですね。

3.耐震構造や耐火構造の家にできる

古い家だと築年数によっては現在の耐震構造を満たしていないことがあります。

リフォームでも耐震補強することができますが、
新築ならば家の構造自体を地震に強くすることもできるでしょう。

たとえば、
柱を地震に強い木材を使用すれば耐震システムと相まって、より一層の地震対策になるはずです。

また、最新の耐火構造の家を選ぶこともできます。

中古住宅ではなかなか耐火構造を取り入れるのは難しいので、大きなメリットといえるでしょう。

4.木材を選ぶことができる

リフォームではなかなかできないことが、家を構成する木材の選択です。

品質の高い木材や、強度の高い木材などを選択することができるのは大きなメリットといえるでしょう。

良質な木材を使って家を建てれば、数十年たっても安心に気持ち良く住める家になります。

資産価値としても高くなることでしょう。

5.保障やアフターフォローが充実している

新築住宅は注文住宅も分譲住宅も、ともに保障やアフターフォローが充実しています。

中古住宅にはない大きなメリットといえるでしょう。

たとえば、雨漏りや構造的な欠陥が見つかった場合、
新築の住宅ならば補修の依頼や損害賠償を請求することができます。


【新築住宅のデメリット】

1.価格が中古住宅よりも高い

新築住宅の最大のデメリットといえば、やはり購入価格の高さではないでしょうか。

国土交通省による住宅市場動向調査によれば、マイホーム購入時における資金総額の平均は注文住宅が3614万円、分譲住宅が3597万円と、どちらも3000万円を超えています。
しかし、中古住宅の場合は2192万円と『1500万円弱』も安いのです。

 

2.注文住宅の場合、住めるまでに期間がかかる

注文住宅の場合、当たり前のことですが注文してから建て始めることとなります。

そのため、しばらくの間はアパートなどで暮らさなければいけません。

3.分譲住宅の場合、間取りやデザインが周りと一緒

分譲住宅は大量に同じデザインの家を作成することでコストダウンを実現しています。

そのため、近所の家と間取りやデザインがすべて同じになることも多いのです。
こだわりが強い人にとっては物足りなさを感じることもあるかもしれません。


【中古住宅のメリット】

1.価格が新築住宅よりも安い!

中古住宅のメリットといえば、真っ先に挙がるのは安さでしょう。

国土交通省による住宅市場動向調査によれば、マイホーム購入時における資金総額の平均は注文住宅が3614万円、分譲住宅が3597万円と、どちらも3000万円を超えています。
しかし、中古住宅の場合は2192万円と『1500万円弱』も安いのです。

住宅のフルリフォーム(リノベーション)にかかる値段の相場は500万円~700万円ほど。

高くても1000万円程度といわれています。

つまり、大規模なリフォームで新築同様の内装や外装に作り替えたとしても新築住宅の8割程度にしかなりません。

2.自由なリフォーム(リノベーション)が可能

新築ではデザインや機能性はテンプレート的なものしかない場合がほとんどです。

かし、好みのデザインの家などを建てようと考えると、やはり値段は高くなってくるでしょう。

中古住宅なら間取りを変えるリフォーム(リノベーション)を行っても、平均購入金額よりも安く上がります。

そのため、同じ価格帯でも新築より自分の好みに合った家を手に入れやすいと思います。

ただし、予算に余裕がある場合は、中古住宅をリフォームするよりも、
新築時にデザインした方が安上がりのこともあるので注意しましょう。

3.敷地が広く、家にゆとりがある場合が多い

中古物件を購入する場合、一般的にはなるべく築年数の少ないものが好ましいとされています。

家自体の劣化が少ないことが理由ですが、30年程度のやや古い物件も実は大きなメリットがあるのです。

それは、敷地が広く、家にゆとりがある場合が多いという点。

なぜかというと、30年前は今よりも家族が多かったからです。

30年前は1972~1974年のベビーブームを理由に子供が何人もいる家が少なくありませんでした。

そのため、特にマンションなどは今よりも広く作られています。

4.完成しているのですぐに住むことができる

当たり前のことではありますが、中古住宅はすでに完成している建物ですので、気に入ればすぐに住むことができます。

ただし、これは分譲住宅でも同様なので、メリットとしてはやや弱いかもしれません。

また、完成しているので、生活のイメージをつかみやすいというのもメリットとして挙げられるでしょう。


【中古住宅のデメリット】

1.傷や汚れなどの経年劣化がある

中古住宅で真っ先に挙げられるデメリットといえば、やはり傷や汚れでしょう。

家によっては無視できないほどに古臭くなっていることもあります。

また、築年数によっては耐震基準が現在の基準を満たしていないこともあるため、
リフォームや建て替えが早期に必要となってくるでしょう。

耐震基準については1981年に大きくかわり、阪神淡路大震災を機に法改正されました。
1981年以前に建てられた家を購入する際には、できるだけ耐震補強をする必要があります。

また、耐震基準だけではなく、シロアリなどの害虫に犯されていることや、
基礎部分などの見えないのところに問題があることもあるので注意が必要です。

2.住宅ローンの審査が厳しい

中古住宅を購入する際は、住宅ローンの審査が厳しいことで有名です。

年収や貯金、住宅以外のローンなどを厳しく審査されるでしょう。


 

あとがき

マイホームといえば新築住宅というイメージが強いかっもしれませんが、
最近では中古住宅市場も盛り上がりつつあります。

新築住宅と中古住宅のそれぞれメリットとデメリットを理解し、
自分や家族に合った、後悔のない家づくりをしてくださいね!

質問や気になることがありましたら、お気軽にコメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)